ニキビ・小じわに次いでお悩みが多いのが「シミ」・「美白」ですね♪

この二つを一緒にご紹介するのは原因がほぼ同じ「日焼け」によるものだからです。

簡単に言えば日焼けしないようにすればいいということになってしまうのですが・・・。

 

カルシウムを骨にする時に必要なビタミンDは日焼けによって体内で生成されます。

一概に日焼けが「悪」ではありません。

目標は「不要な日焼けを防ぐ」に尽きます。

 

そこで必要なのが日焼けしないための「日焼け止め」です♪

日焼け止めには必ず「2-3時間おきに塗りなおしてください」⇐こんな注意書きがあります。

でも、塗りなおすとなると洗顔して一旦化粧を落としてもう一度日焼け止めを塗ってお化粧を・・・(;^_^A

 

というわけで、塗りなおししない方がほとんどではないかと思います。(* ´艸`)

 

では、ここで衝撃の(笑)塗りなおしをしなければいけない理由をお話しします。

 

実は、「日焼け止めクリーム」「サンオイル」の成分はそれほど変わりません。

え~~~~???って驚きますよね?

でも、安心してください。

「日焼け止めクリーム」「サンオイル」にはちゃんとした違いがあります!

それは、紫外線をカットするため散乱剤および吸収剤のどちらか、もしくは両方が配合されているのです。

この効果によってSPF(UVB波を遮断)やPPD(UVAの防御力を示す。日本での表示はPA+など)が表示されています。

 

勘違いされている方も多いのですが、SPFは日焼けしない時間ではありません。

例えば10分で日焼けする方が10倍のUVB波をあびて10分で日焼けしたらSPF10になります。

思ってたより日焼け止めの塗りなおしが大切なのはおわかり頂けたでしょうか?

 

更に重要な事があります。

散乱剤および吸収剤は時間が経つと蒸発したり分解されたりして減少してしまいます。

あれ??散乱剤および吸収剤が無くなったら何になるんでしたっけ??

 

そうなのです!!

塗りなおさないと「サンオイル」になってしまうのです!!(厳密には違いもあります)

 

「大丈夫よ♪外に出ないし、帰宅時間には暗くなってるから★」

⇧こう考えた方、室内でも日焼けするのをご存知ですか?

 

なんで??どうして??室内にいるのに日焼けするの??

 

ここでもう一度日焼けの原因を考えてみましょう♪

皆さんはお肌に日光が当たって日焼けすると思っていらっしゃいます。

ですから室内では日焼けはしない⇒ここが間違いです。

日光に当たって日焼けするのは確かなのですが、日光の中の「紫外線」で日焼けが起きるのはご存知ですよね。

室内でも「紫外線」は浴びているのです!!

 

では、室内の「紫外線」の出どころは?

なんと!!蛍光灯なのです。

最近はLEDなど紫外線がほぼ出ない照明器具もありますが、まだまだ蛍光灯が多く使われています。

会社、スーパー、商店などはほとんどが蛍光灯のままではないでしょうか?

 

私は毎日しっかり日焼け止めを塗っていたにも拘らず部活をしている学生さんより黒くなりました^^;

驚いて原因をいろいろ調べた結果、この結論に辿り着きました。

皆様には私と同じ間違いをしないよう日焼け止めはしっかり塗りなおしていただく事をお勧めいたします(o^―^o)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エステサロン Angel
〒491-0912
愛知県一宮市新生2丁目7-4 コーポあゆ201号
0586-85-8858
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー