前回の内容で日焼け止めの塗りなおしの必要性をおわかり頂いたと思いますので今回は塗り方についてです。

 

え?日焼け止めの塗り方なんて普通に手に取ってのばすだけじゃないの?

残念ながら⇧この塗り方では日焼け止めの効果はあまり期待できません。

メーカーさんによると日焼け止めの塗り方は基本「パッティング」をお薦めされています。

その理由は

・指でのばすとお肌の上は薄くなり、毛穴に多く埋まってしまう事。

・肝心なお肌の保護があまり期待できない事。

のようです。

※この場合の「パッティング」は叩くのではなく軽く押さえて離す感じです。

お肌への刺激はあまり好ましくありませんのでくれぐれも軽く押さえて離す感じで行ってください。

 

「パッティング」で塗ればお肌の表面も一定の厚みが確保できますので納得です。

そして塗った後、お肌が白くなるくらいの量が必要だとされています。

え?そんなに塗るの??その上からお化粧したら崩れちゃう^^;

そうなのです。日焼け止めは必須ですが効果を過信しないでください。

「日焼け止めを塗ったから日焼けしない」⇐これは間違いです!!

 

メーカーさんも努力して乳液やメイキャップベースやファンデーションにUV効果を持たせたりしています。

賢いチョイスをして日焼け防止に努めてくださいね。

塗り直しも、今はパウダーにUV効果を含めた商品も多いのでお化粧直しにUV効果のあるパウダーを叩けばOKです♪

 

正しい情報と賢い選択でキレイになってください。

女性がキレイになると世の中が明るくなるのですよ♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エステサロン Angel
〒491-0912
愛知県一宮市新生2丁目7-4 コーポあゆ201号
0586-85-8858
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー