今回は「骨盤」の高さが左右違っている場合のお話です。

高さが違って困るのは見た目が違うからと軽く考えていませんか?

 

ところがこれが重要な意味を持つのです。

まず、「骨盤」の高さが違うという事は「脚の長さ」も違っているということです。

「脚の長さ」が違うという事は腰や膝にかなりの負担をかけます。

当然、知らないうちにハリや痛みが出てくるのも時間の問題です。

 

そしてもっと重要な事は「背骨が曲がる」事にあります。

「骨盤」の高さが違うとどうして「背骨が曲がる」のか?

それは本来、背骨が骨盤に直角に付いていることに関係します。

骨盤の高さが違う⇒背骨が骨盤の低い側に傾くという事です。

勿論、その姿勢のままではバランスが取れなくて転んでしまいますので身体はバランスを取ろうとします。

結果、骨盤が上がっている側の肩が下がり、左右のバランスを取ります。

そして、歩く時は、骨盤の高さが違っても左右交互に脚を出すのでその都度、左右のバランスを調整しています。

結果、背骨は湾曲した状態ではなく一つ一つ左右に引っ張られる形になります。

くねくねと曲がっているわけです。

背骨の歪みは少しのズレでも内蔵に負担をかけます。腰が痛い方は大抵胃腸が弱いようです。

 

あなたの腰は大丈夫ですか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エステサロン Angel
〒491-0912
愛知県一宮市新生2丁目7-4 コーポあゆ201号
0586-85-8858
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー