今年は気温の変化が激しく、体調を崩している方が多いですね。

そこで、この季節に必要な豆知識を♪

 

風邪をひいた時、皆さんは医者に行くか薬屋さんで風邪薬を買うかしますよね。

風邪薬を飲んでもなかなか治らない事ってよくあるのではないですか?

 

それは、皆様が考える薬の効能と、お医者さまや薬剤師さんが考える薬の効能に違いがあるからです。

どう違うのか??

 

お医者さまや薬剤師さんは、西洋医学に基づいて症状を軽くする薬を処方します。

咳が出てのどが痛い場合はこの薬

熱が出て頭がガンガンする場合はこの薬

といった選び方です。

これが悪いわけではなく、症状が重い場合は本当に助かります。

ただ、西洋医学では症状を軽くすることを重点に置いていて、患者様が楽になる方法を選びます。

ここで考えて頂きたいのは「治る」訳ではないという事です。

症状を軽くして患者様の自己治癒力で治すのです。

 

ですから漢方の方が合っているという方がいらっしゃるわけです。

漢方は自己治癒力を高める物が多いので早く治るように感じるのかもしれません。

どちらにしても自己治癒力で病を治している事を覚えておいてください。

お医者様に治してもらうのではなく、薬で治るのでもなく、最終的にはご自分の自己治癒力がカギなのです。

 

さて、ここからが本題です。(o^―^o)

風邪に一番効くのはビタミンCと言われています。

ところがところが・・・

薬を飲むとビタミンCが吸収されにくくなるのです!!

これは、お医者様もよくご存じの事なのです。興味のある方はお医者様に一度聞いてみてください。

だからといってのどが痛いのに薬を飲むなという事ではありませんので誤解の無いよう

飲み方の問題です♪

 

みかんやキウィーにはビタミンCが多く含まれていますが、食べてから吸収されるまで2-3時間はかかります。

ビタミンCが吸収されてから薬を飲むように食事の時間を考えましょう♪

6時に起床したとして、すぐみかんを食べます。

その後、8時ごろに食事をして食後30分に薬を飲めば3時間ぐらいたっています。

 

朝は厳しいという方は、午後3時か4時にみかんを食べます。

その後、6時か7時に夕食を食べて食後30分に薬を飲みます。

これなら出来そうですか?

前に飲んだ薬の影響も若干残っているとは思いますが、薬の効能が一番弱まる時間に吸収できるよう考えれば、薬の恩恵も、ビタミンCの吸収も、両方利用できます♪

 

風邪が治りにくいとお悩みの方、ぜひ一度お試しください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
エステサロン Angel
〒491-0912
愛知県一宮市新生2丁目7-4 コーポあゆ201号
0586-85-8858
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー